2012/07/22

Paraboot Chambord Cafe Brown




初のフランス製で緑の箱に入った革靴。



雨にも強い靴でフランス製で緑の箱に入ったと言えば、靴好きの皆様はお分かり!?







パラブーツです。水に弱い短靴ばかり持っているので、嫁様からの誕生日はこれにしました。




オールデンもと考えたのですが、靴の値段がばれるのはマズいということで、こちらに。




紆余曲折あり、手元にこの靴が来るまでに1ヶ月以上かかってしまいましたが。。。




縁がないんじゃないかと諦めかけましたが、これまたフォロワーさんの多大なる協力を得て、購入できました。








本当は梅雨まっさかりの足元を守りたかったんですが、まぁ良しとしましょう。




グッドイヤー製法の靴ばかりの中、初のノルウィージャン製法の靴。刻印もばっちりと。








履き始めは固いそうですが、沈み込みによる足に徐々にフィットしていくという記事を見かけた。




正直、オールデンと比べると最初の足入れの際に固さを感じたのは否めなかったけど。



上の話を信じて、しばらくはローテーション入りさせて、足慣らしさせないと。












賛否両論あるとは思うんですが、個人的にはあの緑タグは要らないと感じているので、



早速昨日の夜に取っちゃいました。初めから、取られることを想定されてるんじゃないかってくらいに




あっさりと取れてしまったことにちょっと驚き。初めから無くてもいいような気も。



後はパラブーツと言えばの耐久性高いソール。



ブラジルのパラ港から輸出されている、パラゴムの木の樹液が原料になっているソール。






上記のようなところからパラブーツというブランド名が付いたという噂があるくらい。



耐久性も本当に折り紙で、がしがし履いても全く問題無いくらいらしい。



製法やソール含め、夏場のゲリラ豪雨に遭っても、安心安全な靴であることでしょう。



これから長い間、お世話になります!




0 件のコメント:

コメントを投稿